加飾成形・塗装・表面処理など加飾技術がわかる技術サイト

製品事例

スピン生地+金属表現+文字部レーザー加工

事例概要

工法レーザー加工 / 二色成形 / 塗装 / 蒸着
業界自動車・CASE
母材PC(ポリカーボネート)
用途車載エンジンスターターボタンスイッチ
サイズ約40*40*40mm
納期金型作成期間40日+部品生産日数20日
年間数量50,000

特徴

こちらは車載エンジンスターターボタンスイッチの加飾事例となります。
加工工程としてはPCスピン生地の2色成形+アルミ蒸着+文字部レーザー加工となります。
こちらの車載エンジンスターターボタンは、三つの部品を組み合わせて構成されています。お客様が求める特徴としては、ボタンの樹脂生地表面に金属感を出せることと、ボタン表面のスピン目を演出させることで、高い意匠性が求められています。こちらのリクエストを実現するため、スピン生地を金型の微細加工技術で加工し、スピン生地目を活かす為には薄く蒸着加工を施す必要があります。また、手で触れる部分であるボタンの表面は耐久性を求められます。この3つのバランスを取り、量産条件を決めることが一番重要なポイントでした。そこで、部品①の生地は筒部は黒生地を使用し、光隠ぺい性を持っています。天面部は文字を透過して使用する必要があるの為、透明仕様となっています、金属感を出すため、アルミ蒸着加工を施しました。部品②に対しては、単色成形+アルミ蒸着+艶消しクリア塗装を施し、部品③に対しては、単色成形+アルミ蒸着+艶ありクリア塗装を施しました。こうした工夫によって、量産体制が可能になり、年間5万個ほど納品させていただいてます。

同じ工法の事例一覧

同じ業界の事例一覧

同じ母材の事例一覧

事例一覧へ戻る

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールフォームより承ります。

加飾技術ナビproduced by 株式会社アトライズヨドガワ

お気軽にお問い合わせください06-6343-5847

受付時間:9:00~17:00土日祝日を除く

PAGE
TOP